2022年1月21日金曜日

「若きポーランド」展で幻想の世界に

ウィリアムモリス博物館で開催中の「若きポーランド展」を訪ねてきました。


貴婦人の肖像画

若きポーランド 運動に触発されて描いた肖像画


ウィリアムモリス博物館で催される展覧会は
ウィリアム モリスの活動と共通点があるもの
19世紀末から20世紀初めの
アールヌーボーやアーツアンドクラフツ、ベルエポックなどと並んで
同時期に起こっていたムーブメントに焦点を当てたものがほとんどです。

この展覧会も例にもれず

1890年から1918年にかけて起こった
「若きポーランド運動」。

全体的にアールヌーボーの影響が色濃いスタイルですが
動物や植物のモチーフをフォークロア調に仕上げた作品など
幻想的でロマンの香りが漂っています。


スタニスワフ・ヴィスピャンスキ
「若きポーランド運動」の先駆者
スタニスワフ・ヴィスピャンスキのパステル画自画像。
劇作家、画家、ステンドグラスやタペストリーのデザイナーとして
多くの分野に才能を発揮しました。


タペストリー工芸

地元の機織り職人に依頼した
ゼラニウムをモチーフにした
キリムの手法で織られた壁掛けタペストリー。
抑えた色調とシンプルなモチーフが
モダンで味わいがあります。


ドアの彫刻
蜘蛛の巣の彫刻が施された扉。
幻想的でミステリアスな雰囲気に満ちています。
扉の向こうの世界には何が待ち受けているのか...


ステンドグラス
最後は、スタニスワフ・ヴィスピャンスキがデザインした
ステンドグラス。
1904年に制作されたものですが
デザインが驚くほどモダン。


私はこれをみてなぜか松本零士のアニメを連想してしまいました!



2022年1月13日木曜日

自然の治癒力+サンドライドトマトのパスタ

在宅ワークになってからパソコンに向かう時間が事務所で働いていたときよりも長くなっています。


すぐそばに同僚や上司がいるとその場で質問してことが運ぶのが早いのですが
メールやメッセージでやり取りしていると
一つの仕事を終わらせるのに倍時間がかかっていることに気づきました。


森の妖精イラスト

どんよりとした真冬の日でも固いつぼみをつけた木々に
インスパイヤされて描いた木のつぼみの妖精


しかも複数のミーティングが長引くと
他の仕事を始めるのが更に遅くなり

延々パソコンに向かっているようで

翌日に疲れがたまります。

そんな時はイケメンカフェでコーヒーを買って
森林に向かいます。


イギリスの森林
真冬で地面がぬかるんでいても
快晴でビタミンDも補給。
森林浴で頭がすっきりしてきます。

森林セラピーソサエティの研究によると

実際に森林に行くのが難しい場合は

近所の公園や庭の木々を眺めるだけでも
リラックス効果は得られますが

表に出るのも難しいという場合は

森林の写真や動画をみるだけで
ある程度のストレス軽減
リラックス効果があるそうなので

小鳥のさえずりが耳に優しい音声付きで
動画をお楽しみください!

疲れていて料理をする気にもなれないという日。

トマトが旬でない一月に重宝するのは
瓶詰のサンドライドトマト。


サンドライドトマト パスタ
油を切って細切れにしたサンドライドトマトと
みじん切りの黒オリーブ
ほぐしたツナ缶と
ルッコラ、オリーブオイルをペンネパスタと和えるだけの一品!

ぜひお試しください♪









2022年1月6日木曜日

デューラーの動物画を超えるものなし

ナショナルギャラリーで開催中のデューラー展を訪ねてきました。


ドイツ、イタリア、オランダと移り住み、16世紀初期に活躍した
北ルネッサンスの大御所、アルブレヒト デューラー。

レオナルドダヴィンチと並び
画家、版画家、数学者として多彩な才能に恵まれました。


鷹の絵画

動物画にチャレンジ!

絶滅寸前のアフリカで見られる鷲を描いた水彩画


1520-21年に描かれたペン画が
鮮やかな状態で残され
未だに鑑賞できることに感謝。

題材も宗教画から肖像画、ファンタジー絵画など
多岐に及びますが

一番誰にでも愛され、感嘆してしまうのは
動物画です。


デューラー 動物画
これは騎士が旅の途中で十字架を角にかかげた鹿と出会って
敬虔深くなる物語を絵にした版画ですが

絵の下部にむらがっているワンちゃんの見事なリアルさに注目!


デューラー 動物画
学者のペットと思われる子豚のような動物と
ライオンがうとうとしているのが可愛すぎる💛
デューラーはお茶目な人だったのかとすら思ってしまった



デューラー 動物画

この耳がピンと立ってあごひげ(?)がある猫さんが素敵!


アムステルダムにある動物園などでスケッチをされていたそうです。
16世紀にアムステルダムに動物園があったとは!

一本一本の線が緻密なだけでなく
無駄な線が一本もない! 

緻密に写真のようなリアリズムで絵を描ける画家はいくらでもいますが
デューラーのすごいところは
緻密でありながら
宿っている魂、脈を打っている命が感じられるところです。

2021年12月31日金曜日

大変な年でも見方次第でチャンスはあちこちに♫

砂時計の砂がさらさら落ちるようにあっという間に一年が過ぎました。


長引くコロナ渦と、ある年齢に達したところで
人生観が変わったところがあります。

1日、1時間、1秒を最大限に活かして生きること

時間を使うのに自分にとって最も大切なものに絞る努力をする

好奇心と感謝の気持ちを忘れない


なんかこう書くとほんとありきたりですが


空中ブランコ曲芸師

パンデミックなどいろいろある年をかいくぐって暮らすのは
空中ブランコで地上に落ちないように努力してるみたい?


2021年は国内外との社交ややり取りは
圧倒的に対面よりもオンラインの方が多かったです。

新たに劇場でお仕事を始めさせていただき

オンライン、対面も含めて
様々なことで
数えきれない人に本当にお世話になったので
感謝の気持ちでいっぱいです
(ブログ読めない人がほとんどだけど、気持ちが伝わるといいな...😊)


クリスマスデコレーション

クリスマスツリーとデコレーションは
キリスト教のエピファニー(公現祭)
1月6日まで残すのが通常です


ブログを書き、他のブロガーさんと交友をもつことによって

日本語力を保ち(長い文章が書けないのでシンプルにを心がけています)

コロナ渦でなかなか日本を訪れるのが難しい中
他のブロガーさんのブログを読んで
日本の街並みや食べ物
日常生活を垣間見て懐かしんでおります。

2022年もアンテナをはりめぐらせ
アートにあふれた1年になるといいな

2022年もよろしくお願いいたします💛










2021年12月25日土曜日

ご近所さんと野外でクリスマスの集い

オミクロンのおかげで英国中のクリスマスパーティーやイベントがほとんど中止になっています。


クリスマスツリーデコレーション イラスト

世界の平和を願ってメリークリスマス!


三軒隣りの世話役の方が企画してくださった
クリスマスパーティーも中止がささやかれましたが

世話役の方の家の前でまたまた
野外でのストリートパーティーになりました。

「着こんで来てねー!」と世話役さん。

参加者各々が自分で作った食べ物を持ち寄りました。

私はベーキングが苦手なのですが

最小限の材料で最短の時間で焼けるという
イギリスのベーキングクイーン、メアリー ベリーの
レシピを使ってビスケットを焼きました。


手作りクッキー
ちょっと端が焦げたんですが…
小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖、バターだけで


焼くのも含めて30分でできた!


温まるようホットワインが供され

イギリス人のクリスマスパーティーには欠かせない

ミンスパイ (ひき肉の代わりに味の濃いドライフルーツが詰まった一口サイズのパイ)

スコッチエッグ (ゆで卵をひき肉でつつんだもの)

スコッチエッグ

スコッチエッグ

ソーセージロール 

全部でてきました!

ご近所パーティーの常連のカップルはコロナ感染中で
来ることができませんでした。

参加者にドイツ人の女性がいて
(英国暮らしが長いので英語にドイツ訛りが全然ない)
家族全員コロナに感染してつい最近まで隔離していたそう。

おまけに予定していたドイツへの里帰りが
ドイツが英国からの非常時以外の入国を禁じたため
キャンセルしなくてはいけなかったと言っていました。

あまり明るい話はありませんでしたが

ちょっと寒かったけど

みんなの顔を見て
話ができたのは嬉しかったです。














2021年12月22日水曜日

イケメン元俳優が経営する地元カフェ

対オミクロン プランB発動により、在宅ワークをはじめることになりました。 



あわただしくITのお兄さんにパソコンをセットアップしてもらいました。

コロナ感染はものすごい勢いで拡がっており
年始にはロックダウンの可能性もあるといわれています。

私が勤める劇場も含め、ロンドンの多くの劇場で
パフォーマー、クルー、スタッフ間に感染が広まっており
ショーの中止が相次いでいます。

この先どうなるのかさっぱり予想がつきません。


ビクトリア アンド アルバート 博物館の裏方スケッチ

ビクトリア アンド アルバート博物館を訪ねた時
掃除機を使って展示されている彫刻についた
ほこりを丁寧に取っている
作業に惹かれ、スケッチしました。



ロンドン中心街からまたしても足が遠のいてしまいますが

嬉しいことに自宅から歩いて数分のところに
こだわりのコーヒーショップがオープンしました!

ロンドン コーヒーショップ

RUTTLE & ROWE 



森林に行く途中でいつも通り過ぎるお店なのですが
住宅街のど真ん中で駅からも離れていて
立地があまりよくないので
違うコーヒーショップが3軒くらい入れ替わっています。

今回のは市役所広場でイベントがあったときに

小さな移動トラックで最高に美味しいコーヒーを
出していたので覚えていたのです。

コルタード

コルタードを注文。
未だにフラットホワイト、マッキアートとの区別がつけられない。


少し酸味があり、味わい深いコーヒーでした

ロンドン コーヒーショップ

内装も今まで入っていたコーヒーショップの中で一番お洒落。


ロンドン コーヒーショップ
以前入っていたコーヒーショップは壁画とか、合板のカウンターとか
ちょっと垢抜けなかったのですが
小さなスペースでもデザインで本当に変わるものですね。


コーヒーショップ オーナー
オーナーは元俳優さんで
コーヒーへのこだわりと情熱で
趣味を本業にしてしまったそうです。










2021年12月16日木曜日

トラファルガー広場のクリスマスツリー

パンデミック以来夫とは週末森林を散歩するぐらいしかしていないのですが
クリスマスシーズンというのもあり
雰囲気を味わいに街へお出かけしてきました。


ナショナルギャラリーで絵画鑑賞後
トラファルガー広場に出店している
ドイツ風クリスマスマーケットを散策。


抽象絵画

今回は抽象絵画に近づいた「ウィンター ガーデン」



オミクロン株が出回り始めてから
屋内、時には多くの人がいるにもかかわらず
マスクを常に着用することができない
外食を当面控えることにしました。

例外は、屋外の屋台。
なぜかドイツ風クリスマスマーケットの
食べ物の屋台はいつもフランクフルトソーセージくらいしか売っていません。
でも雰囲気もので、トラファルガー広場のクリスマスツリーをながめながら
ソーセージをかじりました。


トラファルガー広場のクリスマスツリー

トラファルガー広場のクリスマスツリー。
奥のナショナルギャラリー前にはクリスマスマーケットが。


トラファルガー広場のクリスマスツリーは
第二次世界大戦中に英国が
ナチスによるノルウェー侵攻を防ぐお手伝いをしたお礼にと
毎年ノルウェーから送られてきたもみの木が飾られています。

ただ今年のツリーはひょろ長く針葉もあまり生えていない
「しょぼい」ツリーだということが話題になり
SNSなどで英国人が

「なんかノルウェーから嫌われることしたかな?」
「何百万も針葉樹が生えてるのにあえてこの木を選んで送ってきたのはなぜ?」

とつぶやいていて

気を悪くしたノルウェー人は

「気に入らないんだったら来年から送らなくてもいいんだよ」
と言い返しており

英 ノルウェー間の外交に悪影響を及ぼしかねない状態になっています。

そんな小さなことでもめないでいつまでも仲良くしてねー!

2021年12月10日金曜日

オミクロン対策プランB発動

現在イギリスでオミクロン株感染者は800人を超えており、ロンドン市内だけでも140人を超えるそうです。



メンズ ファッションイラスト

メンズファッションイラスト


この状態を打開すべく

先日英ジョンソン首相の記者会見で「プランB」発動が発表されました。

プランBとは

  1. なるべく必要以外は自宅勤務
  2. 娯楽施設、公共交通機関でのマスク着用
  3. 規模の大きなイベントやナイトクラブに入る際のワクチンパスポート導入
3はあまり自分と関係ないのと
2が法的に強制しないと皆守れないというのが情けない話ですが
1が気になるところなのです。

私がパートで劇場のお仕事を始めた今年の夏は
ちょうど他のフルタイムの社員が自宅勤務から
週3回事務所勤務に切り替わったところでした。

プランBはこの月曜から導入されますが
おそらくフルタイムの人たちはフルで自宅勤務にもどるのでしょう。

私は…週数回なので…一人で事務所で働くのかな?

劇場の隣に大きなガラス張りのオフィスビルがあるのですが
このプランBを導入するまでもなく
パソコンがずらりと並んでいるのにいつも一人か二人しか働いていません。

劇場の客入りにも悪影響がないとよいのですが…。


アートギャラリー パーティー

今年の10月11日に撮影した
ロンドン ピカデリーにあるペース ギャラリーでの
マーク ロスコ展のプレビュー パーティー。
もうこんな光景は当分みられない??





2021年12月5日日曜日

クリスマスをオミクロンから救えるか

イギリスでのコロナ変異株、オミクロンの感染者数は確実に増えています。


10以上感染者が見つかったら、現実には100人以上が感染している可能性が高いとか。


果物静物画

柿の静物画

今週の火曜日から

公共交通機関でマスク着用を怠った乗客に
200ポンドの罰金が科せられる規則が導入されましたが

それ以前は地下鉄の乗客のうち
マスクを着用しているのは約半数でした。

日本では考えられないと思うのですが。


コベントガーデン クリスマス

コベントガーデンのクリスマスデコレーション


こちらの会社で催されるクリスマスパーティーは
日本の忘年会に値するものだと思いますが

オミクロン出現以来
多くのレストラン予約がキャンセルになったようです。

医療関係者と政府の発言も食い違いが多く
医療関係者は慎重な姿勢を示していて

「よっぽど必要な集いでない限りなるべく外出を控えるように」
「できれば自宅勤務をしてください」と勧める一方で

政府関係者は
「パーティー出席前にテストを済ませて陰性であれば大丈夫」
「オフィス勤務を完ぺきにやめる必要性は今のところない」

と外出自粛を奨励して
また飲食業界などにしわ寄せがいくことを
避けたいようです。


クリスマスツリー

先日、クリスマスツリーを届けてもらいました。
家の中にもみの木の香りがただよっています。


飾りは毎年同じですが
去年森で拾ってきた松ぼっくりに
ねじをねじ込んで紐を結び付けたものに
今年は白のアクリル絵の具を塗りつけて
ちょっと雪のような効果を出してみました。



2021年12月1日水曜日

詰め替え、エコな生活は浸透するか

プラスチックの廃棄を最小限に留めたいという思いから洗濯洗剤や手洗いソープ、シャンプーなどを詰め替え始めました。


世界中の各家庭で毎日生み出される
プラスチックの廃棄物が蓄積されることを考えると

リサイクルの可能性を考慮に入れても、げんなりしてしまいます。


虫の水彩画

虫さんが繁栄できる環境を保てたら...


先日の新聞で

オーガニック、無農薬野菜などを購入し
環境に優しい洗剤やシャンプーを詰め替えて使用し
電気自動車を運転するなど

地球環境の改善を目指したライフスタイルはお金がかかりすぎるので
一般市民に浸透して実際に効果がみられるのは
現時点では大変難しい

という記事が載っていました。

かといって、
「私一人生活様式変えたところでどれほどの違いがあるんだろう」と
迫りくる現実を見て見ぬふりをするか、

何にもしないよりはまし、と思って行動に移してみるか。


クリスマスツリーマーケット

近所の公園のクリスマスツリー マーケット。


無添加シャンプーと手洗いソープを
5000mlの大瓶で取り寄せ、詰め替えています。

洗濯洗剤は
空になったプラスチックの1リットル瓶を持っていき
オーガニックショップで無添加洗剤をリフィルしてもらいました。

1リットル6.5ポンド(983円)。
高いなーと思ってネットで調べたら
アマゾンで同じ洗剤が1リットル4.08ポンド(617円)で売られていました。

これじゃわざわざお店に空瓶持って行って
リフィルする人いないだろうなあ。😔


空瓶を使いまわすのが究極のエコだと思うのですが
お店が瓶を提供しなくてもよい分妥当な値段で売らない限り
この習慣が根付くことは考えられないです。

無添加食器洗い洗剤もこの調子なら5000ml大瓶取り寄せる方が
お店でリフィルより現実的だわ。



市役所前の広場でいつも光のショーみたいなのを開催しています。
噴水を照らすライトと噴水が出るリズムがセンサーで音楽に合わせています。
















2021年11月25日木曜日

ロダンを魅了した日本人女優

ロンドンのテートモダンで開催されているロダン展を訪ねてきました。


テートモダンと言えば
名前の通り巨大なインダストリアル スペースにコンテンポラリー アートを
主に展示している美術館です。

アートインストレーションで
クラゲのような物体が空中にふわふわ浮いていた


年代的に20世紀初めまでの作品ならもっとクラシックな
テートブリテンで展示するはずでは?


ファッションイラスト

初春に咲く花をモチーフにしたドレスを纏った女性のイラスト



作品のほとんどはパリのロダン美術館から運ばれてきたものでした。

私はパリのロダン美術館に何度か足を運んだことがありますが
美しいお屋敷の中や庭園内に彫刻が展示されていました。

ただ、素敵なお屋敷の内装や美しい庭園
美術館周辺のパリの街並みにすっかり気を取られて

彫刻は何をみたのかまったく覚えていないのです。


ですので
今回のようなコンテンポラリー アート向けの
広々としたシンプルなスペースに作品が展示されていると

彫刻そのものに集中して鑑賞することができました。



ロダン 考える人

ロダンと言えば「考える人」


数点様々な大きさの同作品が展示されていたので

私    「これ作って大反響だったので受けるからいくつも量産したのかな?」
友人   「ロダンはそういうレベルの人じゃないでしょ。。。😅」

ロダンを自分のレベルの考え方に引き下げてしまった私😂


カレーの市民

名作「カレーの市民」


じっくり鑑賞すると、各々の人の感情表現や
手の動きに鬼気迫るものがありました。

ロダン 女性胸像
私がロダンの作品で最も気に入っているのは女性の胸像です。
甘ったるくなりすぎずに
繊細なロマンが感じられるからです。


ロダン作 花子像

太田 ひさ(芸名 花子)の胸像


明治生まれの太田は20世紀初めから
第一次世界大戦前後にかけて
ヨーロッパで活躍した舞台女優です。

当時、日本人が欧州向けに演じる題目といえば

やはり切腹のシーンが呼び物だったようで
歴史上切腹したのはほとんど男性だったという事実はさておいて

眼をむいたすさまじい形相で切腹する演技が
花子のお家芸だったようです。



ロダン作 花子像

ロダンは1906年にマルセイユで開催された「コロニアル展」で
初めて花子の演技を目撃し

この苦悶する表情に感銘を受けたロダンは

花子に胸像のモデルになってほしいと申し出ます。

後の花子の供述で

モデルになったはいいが

「この表情を長い間保つのは大変でした」


とおっしゃっていたそうです。


そりゃそうだろう。。。😓